医療保険

レーシック手術が受けられない人とは

レーシックを受けるにはいくつかの条件があります。
この条件をクリアしていなければ、レーシックを受けることが出来ないのです。
まず、レーシックは20歳以上、60歳以下という条件があります。

中には18歳未満もダメというところもあるそうです。
次に、角膜の厚さや近視の度合いによっても、受けることが出来ません。
また、目に疾患がある場合も出来ません。

ドライアイや、白内障、緑内障の場合、症状が悪化する恐れもあります。
また、ホルモンによって角膜の屈折が不安定になっている場合や、妊娠中、授乳中の場合は麻酔や薬を使うことが出来ませんので、受けることが難しいです。
糖尿病、アトピー、角膜に疾患があり、その影響が出る薬を使用している方も受けることが出来ません。

角膜ヘルペスなどの感染症の場合、再発してしまう恐れがあります。
他には、近視が現在も進行している、屈折が不安定である、極端に奥目、目の周りの脂肪が厚い、細目といった方も受けることが出来ませんので注意しましょう。
上記に当てはまらないようでしたら、手術は受けることが出来ます。
しかし、受けることが出来ても、術後の制限もありますし、老眼などが関わってくると受けてもまた視力が悪くなってしまうことがあります。
レーシックの術前検査もありますが、受ける際にはよく考えましょう。

このページの先頭へ