医療保険

レーシック手術の種類

レーシック手術は1つの方法と思われている方が多いと思いますが、実は1つだけではありません。
レーシックの種類は豊富で、様々です。
ではどのような方法があるのか、ご紹介していきたいと思います。

まず、よく使われている一般的な方法ですが、これにはマイクロケラトームと呼ばれるものを使用した手術についてです。
これは麻酔をかけた眼球にマイクロケラトームと呼ばれる機器を使って保護層を剥がしフラップと呼ばれる蓋を作って、レーザーにて角膜を調整した後にフラップを戻して視力を回復させる方法です。
その他では、上述のマイクロケラトームを使用せずにレーザーでフラップを作る方法です。

これはマイクロケラトームを使った場合とでフラップの形が変わり、術後定着しやすいため、後遺症の心配が少なく、安全性の高い方法だそうです。
また、呼び方も、マイクロケラトームを使うものをレーシックと呼び、使わないレーザーのみでのものをイントラレーシックと呼ぶそうです。
その他にも、フラップを使わない方法や、その人に合わせた方法をカスタマイズする方法もあるそうです。
メリットデメリットを調べた上で医師と相談するといいでしょう。
基本的にはマイクロケラトームを使うことが多いですが、レーシックの技術が向上し、高性能な器具も出てきていますので、自分に合ったレーシックを調べてみるといいですね。

このページの先頭へ