医療保険

レーシック手術の手術時間

レーシック、イントラレーシック手術は、実はとても短い時間で終わります
その時間は10~30分ほどなのです。
度数にもよりますが、大体これくらいの時間があれば、終わってしまいます。

流れとしましては、点眼薬での麻酔を投与します。
この麻酔が効き始めますと、角膜に着手します。
角膜の蓋・フラップを作る作業に入ります。

これにはマイクロケラトームという機材を使って作業をする場合と、使わずにレーザーで直接フラップを作る場合があります。
その次に、レーザーを用いて角膜にレーザーを照射します。
これにより角膜の屈折曲率を調整し、目を見えるようにしますので、この作業には時間がかかることもあります。

これが終わると、フラップを戻して点眼薬で消毒をし、手術は終わりです。
こうして終わるわけですが、これはあくまで手術のみの時間であり、もちろん、受けるためには診察が必要です。
この診察には時間がかかり、適性などを見るためにじっくりと医師によって診察されます。
また、目に関する手術なので担当することになる医師とはしっかりと相談して受けるようにしましょう。
また、受けることが出来ない人もいますので、そういった条件を確認して、自分に当てはまらないかを診察前に見てみましょう。

このページの先頭へ