医療保険

レーシックの手術後に視力が低下するとは?

レーシックを受けると視力が回復します
しかし、その中で、手術後に視力が低下するというケースが多くなっているようです。
リグレッションといい、1.5まで回復した視力が0.7ほどにまでなってしまう、近視へ戻る現象があるそうです。

医師によっては、近視化が止まっていなかったから、とされることもあるようですが、それだけではないようです。
治療の結果の質と、そのアフターケアがしっかりしていれば、視力低下の可能性は低くなるそうです。
また、角膜が比較的薄い方がレーシックを受けられますと、眼圧の影響を受けて角膜が変形してしまい、視力が低下する恐れがあるそうです。

点眼薬で改善するものが多いようですが、最悪のケースでは角膜移植、ということもあります。
上記のような条件で、レーシック後に視力の悪化が起きてしまうようです。
基本的には、気を付けていれば未然に防げるものですが、レーシックはまだまだ技術が発展途上なので、今後、そういったこともなくなるような機器が出てくると思います。
もっと発展して安全性が確保されるまではまだまだ長い道のりですので、レーシックを受ける際には気を付けて医師としっかりと相談されるといいでしょう。
もちろんこれは、レーシックに限らないことでもあるでしょう。

このページの先頭へ