医療保険

レーシック失敗の原因とは

レーシックは失敗が少ない、安全性の高い手術ということで有名だと思います。
しかし、失敗された方のお話を良く聞きますね。
これはなぜでしょうか?

一番失敗する原因として挙げられますのが、ドクターの人為的ミスです。
これはレーシックに置いて大切な「フラップの作成」で怒ってしまうそうです。
マイクロケラトームを使ったレーシックは医師の技量に大きく左右されるそうで、これによって手術結果が変わります。

また、きちんと消毒が行き届いていない機器を使っていると、細菌が入ってしまい、感染症などを引き起こしてしまうようです。
その次に、照射するエキシマレーザーの性能の良し悪しです。
エキシマレーザーによって角膜を変形させて光の屈折曲率を調節し視力を回復させます。

性能のいい機械であれば、的確に照射でき、視力回復も効果が大きく出るようです。
この機械の性能がよくないようですと、視力回復に影響が出てしまったり、合併症がおこってしまうということがあるそうですので、このレーザーの性能に関しましても、下調べをしておく必要がありそうです。
手術を受けようと思うクリニックの情報、レーシック手術の注意点は出来るだけ漏らさず調べておいた方が、自分の為にもいいことではないでしょうか。

このページの先頭へ