医療保険

レーシックで失敗するとどうなる?

レーシックの噂というのは、どういったものを聞きますか?視力が良くなった。
メガネ、コンタクトをする手間が省けた、術後の問題が少ない、など様々なものがあると思います。
良い噂を耳にすることが、多いのではないでしょうか。

しかし、レーシックにも失敗はあるのです。
レーシックをした後で多く寄せられる失敗は、過矯正と言われるものです。
過矯正とは、視力を矯正する際にしすぎてしまい、必要以上に矯正してしまうことです。

そのため視力が良くなりすぎてしまい、改善を通り越して遠視になってしまうそうです。
そうなると、今度は遠視用のメガネが必要になり、結局はまたメガネが必要になってしまいます。
その他では、目に強い痛みを感じたり、目薬を点す回数が格段に増えたり、と言ったことがあるようです。

レーシックは視力を治すという上で大変効果のある手術ですが、上述した症状や、そこまで重度でなくとも、光が滲んだり暗いところが見えなくなるなどの症状もあるようです。
その数、4割の人がその症状を訴えています。
レーシックは一度してしまうと、取り返しがつきません。
こうして見てみて、4割の人が異変を訴えています。
もしもレーシックを受けようと考えている方は、詳しく調べてみることをお勧めします。

このページの先頭へ