医療保険

レーシック手術で視力回復する仕組み

レーシックの手術とは角膜を変形させて行う手術です。
では、角膜をどのようにして変形させて視力回復をするかをご説明いたします。
まず、手術は角膜をマイクロケラトームという機材で切り、蓋(これをフラップと言います)を作ります。

それをめくってレーザーをあてて角膜を変形させ、再びフラップを被せることによってできます。
まず角膜とは、黒目部分である瞳孔と虹彩を覆っているものです。
これに不具合があると焦点が合わなくなってきます。

遠近の調節を行うための筋肉が伸びず、焦点を合わせることが難しくなるのです。
それをレーシック手術にて、角膜を削りカーブを変えてやります。
カーブを変えたことにより、屈折曲率を下げることにより視力が回復する、という仕組みなのです。
多くの場合レーシックを受けると1.0以上の視力になります。

小難しいように書いていますが、手術自体は機器があるので難しいものではありません
しかし、これは角膜が厚いかによって出来る出来ないがあります。
また、妊娠中の方なども出来ませんので、もし手術をしたいとなった場合はそういった診察を受けてみて適性を調べましょう。
また、レーシックは基本的に1度ですが、角膜の厚さによっては、何度かレーシック手術することが出来ることもあるようです。
ただ、こういった手術はやはり目に負担がかかりますので、何度もするような事態にならないようにするのが一番ですね。

このページの先頭へ