医療保険

レーシックでパイロットにはなれる?

皆が皆というわけではありませんが、男性が一度はパイロットという職業に憧れるのではないでしょうか?雲の上からの景色や複雑なコックピットを見るならば、レンズ越しではなく裸眼で見たいと思い、レーシックを受けようかと思われる方もいるかと思います。
しかし、レーシックを受けてしまうとパイロットになれないのです。
レーシックは視力を回復しますが、遅かれ早かれ視力は低下してしまいます

そのため、持続性がないということで、レーシック矯正での視力は認められていません。
大人になり、そういった職業にはつかないということでしたら、受けても問題ないかもしれませんが、パイロットになりたい、という将来をお持ちの方でしたら、レーシックを受けることは避けるべきでしょう。
しかしパイロットはメガネやコンタクトレンズでの視力矯正ならば認められています。

なので、現状目が悪いということであっても、レーシックは受けずに、メガネ、またはコンタクトを使用しての視力矯正のままでいるべきでしょう。
しかし、これは日本に限ってのお話であり、アメリカなどではレーシックでの視力矯正は認められています。
なので、いつしか日本でも、レーシックでの視力矯正が認められる日が来るかもしれませんね。

このページの先頭へ