医療保険

レーシック難民とは何?

レーシック難民という言葉が最近よく耳にされます。
これは、レーシックを受けたことによる不快現象・後遺症が出たにもかかわらず、解決することが出来ない方たちのことを言います。
レーシックは一度施すともう二度と前のようにはできません。

失敗できない医療なのです。
しかし、医師の技量や機器、ちょっとした不注意で失敗してしまうことがあります。
病院によっては、再手術を無料で受けられることが出来る病院もありますが、それにより完治するかと言われると、完治はしません。

確実に治す方法でない限り受けることは非常に危険です。
また、受けて悪化し、症状がひどくなってしまい、日常生活に支障が出ているという方もいますから、尚更注意が必要です。
レーシックを受けるとすぐに視力が低下してしまう近視戻り、光を見ると眩しすぎたり、ぼやけて見えるというハロ・グレア現象といったものが懸念される部分だと思いますが、それだけではありません。
酷いドライアイや頭痛、充血、過矯正による遠視化、といったものがあり、非常に負担がかかるものです。
レーシック手術のリスクは事前に把握しておきましょう。
点眼薬などで治せるものであるならばまだいいですが、再手術をしても点眼薬などを投与しても手を施すことが出来ない、そういった症状の方がレーシック難民なのです。

このページの先頭へ