医療保険

レーシックで医療保険を使うには

レーシックは保険適用外のものです。
自由診療と言い、美容整形などがこれに当たります。
そのため、保険も利かない上に料金はクリニックにより自由に設定できますので、料金がピンからキリまであるのです。

レーシックは健康保険は適用されませんが、医療保険ではどうなのでしょうか?
2007年の4月までは、契約内容に「感覚機器、または視器の手術に関する特約」という記載がありましたら、支払われる場合があります。
しかし、この時よりレーシックが受けられるようになり、その手術のために保険へ加入し、手術後にすぐさま保険を辞めてしまう人が多く出てくるようになりました。

そのため、各保険会社が契約条項の改正を行い、レーシック手術での医療保険給付は対象外になってしまいました。
現在でも、レーシックに対応した給付金の出る医療保険は、ないかと言えばそうではありませんが、保障内容が古かったり、保険料がとても高かったりするものが、今ではほとんどです。
レーシックを目的として医療保険に加入する、というのは、結果としては料金が割高になってしまうようなので、加入することはお勧めできないようです。
しかし、古くから加入している保険がある方は、保険会社に確認をしてみるといいかもしれません。

このページの先頭へ